令和3年11月1日より
お客様本位の観点からご要望があれば各種デジタルツールでの商談等ができるようになりました。